ディセンシア サエル化粧液のレビュー

サエル ホワイトニング ローション クリアリスト saeru 美白化粧液

サエルの化粧液

※本ページの商品写真は旧タイプのものです。現在は商品パッケージが変更になっています。

敏感肌でも透明感のある肌へ導くサエルを試してみる

 

saeruのシリーズは敏感肌であっても美白しながら透明感のあるお肌へ導くというコンセプトの元に作られたラインです。

 

この化粧水と呼ばない「化粧液」サエル ホワイトニング ローション クリアリストは、その名の通り「水」なんかではなくとろみのある「液」でした。

 

基礎化粧品の中でも一番初めに、洗顔後にすぐにつける化粧水。

 

特にお肌が乾燥している時には少し急いで化粧水をつけてしまうくらいに、乾燥気味の私は素の肌の乾燥がとても気になります。

 

こんな私がとても気に入ったsaeruの化粧液は『瞬時に深く満たされて、澄みわたる』というキャッチフレーズの通りです。

 

とろっとした感触ですが、つけた瞬間にもうお肌の奥まで入っていくような感じを受けます。

 

サエルの化粧液

 

浸透性保湿成分「ウォータリーモイスチャー」配合とのこと。

 

この成分は水にも油にもなじみやすくお肌に乗せた瞬間から美白成分を奥までしっかり浸透させる働きがあるそうです。

 

化粧水によってははじいてしまうような感触の使い心地のものも多く、何度も繰り返しつけてしっかり浸透させることに躍起になったり、必要以上に付けてびしょびしょした感じになったりしていました。

 

そんな不快感が全くなく、瞬時に浸透していくのは心地よいものです。

 

サエルの化粧水

 

透明感のあるお肌になるために必要なのは皮膚を内側から整えること。

 

皮膚の細胞間脂質のラメラ構造を配列から強化させる「アシルセラミド」。

 

それを産生させるため必要な酵素を活性化させることでセラミドの配列を整え強くする「白様雪R」を配合しているそうです。

 

「白様雪R」という成分名は初めて聞きました。

 

整ったお肌に美容成分がしっかり浸透していくので、内側から透明感のあるお肌に変わっていく・・という内容がパンフレットに書いてありました。

 

要するに土台が崩れた状態では、いくら美容成分を与えてもきちんとしたお肌の状態にはならないということですね。

 

透明感やくすみがない状態は、構造からきちんと整っていることで保たれます。

 

化粧液が浸透していく感じはとても速く感じます。

 

清潔にしたお肌に丁寧になじませます。

 

100円玉大の分量を手のひらに乗せて温めてからつけていきます。

 

サエルの化粧液

 

乾燥が気になる部分には重ねづけが有効です。

 

私は口の周りと目じりと頬を重点的につけています。

 

続けていると潤ってきたのか、乾燥した感じがなくなってきました。頬はくすみが消えて透明感のあるお肌に近づいてきたように感じます。

 

この美しい青いボトルのように透明感溢れるお肌を目指して、サエルのシリーズの基礎化粧品できちんとお手入れをしていこうと感じるまずははじめの一歩の化粧液です。

 

(美容大好き:Key)

 

サエルのラインとトライアルセット

サエル トライアルセットの内容はこちら

 

※本ページの商品写真は旧タイプのものです。現在は商品パッケージが変更になっています。

 

 

サエルの紹介へ
ディセンシア特集TOPへ

 

敏感肌・乾燥肌用スキンケア ディセンシアシリーズ《公式》


 
ホーム オールインワンゲル BBクリーム リフトアップ たるみ・しわ 総合